生鮮食品の摂取:健康上の利点

私たちは、加工食品と 冷凍食品 の消費に危険をもたらす 生鮮食品.

それは 生鮮食品 それらは未処理の製品になり、保存または操作されます。この理由で、栄養の重要な規則に従うことをお勧めする健康の世界の専門家は多くあります。新鮮で、可能であれば地元で(私たちが住んでいる場所から)消費する。

私たちが食べる食物が新鮮であるならば、私たちは量で質の高い栄養素の供給を確実にするので、ある程度までこの勧告は理解できます。

例えば、それらが生物学的防腐剤であるならば、それらが化学添加物、抗膠剤および防腐剤の危険性を排除したであろうことは疑いない。

生鮮食品を食べることの利点

簡単に述べたように、メインの 生鮮食品の利点 それは、私たちが高品質の栄養素、そして何よりも量を確保するということです。

無駄ではありませんが、脳にエネルギーを提供するための最良の選択肢となる傾向があり、完璧な状態で記憶を保存するのに役立ちます。

これは、例えば 生鮮食品 それらは、抗酸化効果をもたらし、脳内のいくつかの神経毒性物質の存在さえも制御することによって気分の変化を防止し、そしてニューロンのエネルギー産生を増加させることによって記憶するのを助ける神経伝達物質を作り出すのを助ける。

生鮮食品を購入する1つの方法は、私たちの町のフードフェアや市場に行くことです。そこでは、操作されずに原産地から直接持ち込まれた製品があります。

生の食品を食事の毎日の基礎として使用する食品の種類の最も重要な例の中で、最も重要なものは 有機食品 そして ベジタリアン料理。この記事は情報提供のみを目的として公開されています。あなたは相談を栄養士に代えることはできませんし、またそうすべきではありません。あなたの信頼できる栄養士に相談することをお勧めします。

ブロッコリー 病気のための自然薬。 (かもしれません 2020)