朝食をとばして、悪いですか?

多くの栄養士や医師は、1日に5食、朝食、午前中、昼食、軽食、夕食に食事をすることを勧めています。このようにしてだけ私達が私達の体に栄養素の正しい供給を保障するので特に。

しかし、不安やストレスを感じたり、常に一方から他方へと走ったり、簡単に食べたりしないことが一般的であるため、健康に有益ではないライフスタイルに従うのが一般的です。特別な、健康をもって食べることは、健康的な美徳を私たちの健康にもたらすだけです。

特に仕事をしているときや家を離れているときなど、ストレスを感じているときは、ファストフードやゴミを選んで5〜10分で消費することが多くの研究で示されています。 。

これらの研究はまた多くの人々が 朝食をとばす彼らは目覚めたときに腹が減っていないからか、急いでいるのか、それとも彼らを傷つけないのかと単純に信じているのか。

しかし、多くの栄養学者が示すように、現実は非常に異なっています...

朝食をとばすのは悪いことですか。

言うことは偶然ではありません 朝食をとることはその日の最も重要な食事です 最もよく知られているものの1つである。

その主な理由は、 朝食つまり、私たちの体は「行進」しなければならないという信号を受け取り、疲れや疲れを感じさせるためではなく、午前中を通して必要なすべての栄養素とカロリーを摂取します。

また、朝食をとばすことで体重が減ると思うのは間違いです。特に 朝食をとる 脂肪を燃焼させる原因となるさまざまな酵素が機能するというメッセージを受け取ることを考えると、体重を減らすのは非常に大きな戦術になります。したがって、朝食を食べない場合は、体が脂肪を蓄積し続ける可能性があります。

画像/画像クレジットこの記事は情報提供のみを目的として公開されています。あなたは相談を栄養士に代えることはできませんし、またそうすべきではありません。あなたの信頼できる栄養士に相談することをお勧めします。テーマ朝食

【神回】トミーのiPhoneを宇宙に飛ばしてみた (10月 2021)