あなたが朝食を食べていない場合、これはあなたの体に何が起こるかです

急いでいるか不注意なので、私たちは有名な「今日の最も重要な食事」なしで日々の活動をするために出かけていた、または朝の時間に起きるには怠惰過ぎていました。朝食をとばしますが、朝食がないとどうなりますか?

という人気の言葉 朝食は最も重要な食事です それは本当のことと同じくらい明白です。実際、朝食をとばすと、特に定期的に朝食をとると、健康に悪影響を与えることがたくさんあります。

さらに、それは確かにあなたが通常自分自身に尋ねないことが質問です。次の記事では、朝食を食べなかった後の健康への影響について説明します。

朝食を食べないことによる健康への影響

よく知られているように、朝食を摂らないことは個人の健康に問題をもたらす可能性がありますが、特にこれらの問題は何ですか?そして、これらの問題は私たちの私生活に影響を与えますか?

まず第一に、あなたは体が長期の絶食状態に入ることを知っていなければなりません。そしてこれはどういう意味ですか?基本的にそれは体がそれが朝食の摂取量を欠いているのでそれがそれがいつまた食べるかわからないので、長期間にわたって食べ物を受け取らない準備ができた状態に入ることを意味します。

これは本当に悪いですか?はい、昼食を食べるとき、私たちの体はそれが脂肪としてそれを長期間吸収するかどうかわからないので、主に脂肪としてそれを吸収するので、昼食または夕食によって提供されるであろう利益を得ることを避けます。夕食

その一方で、我々はより良​​い食欲を持っているので、我々は昼食時に不必要にもっと多くの食物を食べるのでグルコースレベルが上がる。

朝食を摂らない習慣が長期にわたって維持されれば、その結果は明らかになります。特に、より多くのカロリー摂取量がより大きな身体運動の練習によって補われない場合、体重が増加することが予想されます。一日中)。

実際、朝食の欠如が特定のケースで観察されているような習慣になった場合、このライフスタイルを採用している個人は、以下に挙げる以下の条件や病気にかかりやすいです。

  1. ボディマスインデックスは増加することができます 朝食を食べない習慣がある人に。
  2. 2型糖尿病を発症するリスクは21%増加します.
  3. 男性では、 心臓発作を起こすリスクが27%上昇します、朝食の欠如は、個人の心臓の悪化の深刻な原因になる可能性があります。
  4. 女性では、提示の可能性 血中コレステロール値の上昇.
  5. あなたは肥満のリスクが高い.
  6. 個人は高コレステロールおよびトリグリセリドを所有するようになる.

朝食は毎日の栄養ニーズの25%を提供するということにも留意すべきです。さらに、朝食を摂らないと脳の機能が低下し、過敏性が増し、人の集中力と記憶力の両方に影響を及ぼすことが証明されています。

言うまでもなく、朝食の食事療法の延長はボディの鉄そしてビタミンの欠乏を引き起こし、こうして酸素の不十分な循環を引き起こし、そして脳の機能不全を引き起こします。

一日の始まりに最適な朝食を食べる

朝食がないと、生命体、脳、そして私生活にとって深刻な一連の悪影響があることはすでに知られています。これがなければ、日常の活動に必要なエネルギーがありません。

しかし、正しい朝食は何ですか、バランスの取れた朝食で一日の始まりに最適な食事は何ですか。朝食には、野菜30%、シリアル25%、豆類と塊茎、タンパク質25%、フルーツ20%を含める必要があります。

もちろん、この割合を朝食時の値に変えることもできます。前日にはすべてをきちんと準備しておき、起床後30分の朝食をとるようにしてください。あなたは朝食なしで仕事に戻ったことに驚きを感じます。

あなたがもっと学び、発見したいのなら、私たちはあなたが発見することをお勧めします エネルギーで一日を始める方法、これらのシンプルで従うのが簡単なヒント付き。

痩せない原因となる7つの朝の習慣 (かもしれません 2020)