イチゴ:健康と肌への利点

いちご それらは主にの月の間に得ることができる絶妙な果物です。 そして そして、その最も重要な機能の中で、それはそれに加えてさわやかな効果を持っているとして際立っています 特性および利点.

それは皮をむくことを必要とせずに消費することができ、そして理想的です。 そして その明確なさわやかな効果のために、暑さが引き締まり始めるとき、暑い季節にとても魅力的であること。

あなたとどう関係しているのか 特性および利点 最も優れているのは、イチゴは貧血や栄養欠乏と戦うことができるだけでなく、体内の感染を防ぐことができるということです。

イチゴの利点

高い栄養力

次のセクションでイチゴの栄養価を知ることになるでしょうが、正確に イチゴはその高い栄養価で際立っています、ビタミンのその信じられないほどの富のために実際には驚くべきこと。

実際、彼らは特に彼らのために際立っています グループのビタミンの高い内容 Bその中には、かなりの量のビタミンB1、B2、B3、B6、B9が含まれています。 ビタミンC.

それはすべてのその栄養特性をそのままに保つため、この果物は優れています。生のまま、ジュースとともに、クリームや他の補完物の隣のデザートで、肉と一緒に皿に甘い感触を与えることができます。それはまた腸を保護し、消化力を調整するためによいである繊維を含んでいます。

イタリアのLa Marche工科大学とGranada大学による研究によると、この果物を定期的に摂取することで血漿の抗酸化力を向上させることができます。他の研究では、イチゴを食道癌などのより重篤な疾患の発症予防にも関連させています。

水とビタミン

イチゴは水に富んでいます、これは毒素の体を浄化するのに大いに役立ちます、重要な抗酸化力を持ちそして感染を防ぎます。いちごによって提供される他の利点はそれらが通常高レベルの尿酸を避けることである。そのミネラルの中には鉄があり、それは私たちに一日の何度も必要なエネルギーを与えてくれます。そのビタミンの中で、この果物はビタミンEとCをもたらすことによって際立っています。

ビタミンEと共に、 いちごは細胞の酸化防止剤として機能します そしてそれはパーキンソン病やアルツハイマー病のようなある種の病気を予防するのに良いです。さらに、十分な血液循環をとることは大きな助けになります。ビタミンCのおかげで、イチゴは柑橘系の果物と同化し、特に寒い時期には風邪やインフルエンザを予防します。

低カロリー

さらに、その摂取は、その栄養価だけでなく、その減量のために、特に減量食にも役立ちます。 低カロリー。実際には、おいしいイチゴのカップはわずか45カロリーを提供します。

あなたはそれを知っていたのでしかし、この品質はここにはありません 食欲を減らすのに役立ちます?.

高酸化防止剤含有量:アンチエイジング効果

他の果物と同様に、 イチゴは天然の抗酸化物質が豊富です。具体的には、その構成の中で我々は見つける フェノール、抗酸化能力を持つ化合物、理想的な - そして根本的な - フリーラジカル.

これは、イチゴを定期的に摂取することが、細胞の早期老化を減らし、関連する特定の疾患を回避することになると非常に好ましい方法で役立つことを意味します。

私達がいちごで見つけることができるフェノールの種類の中で私達はの存在に言及しなければなりません アントシアニン、その特徴的な色の原因となるフェノールの一種。

天然の抗炎症剤

あなたは、その抗酸化効果に加えて、フェノール類が 完全に天然の抗炎症剤?さらに、それらは私達の体の炎症過程を避けるのを助けます。

どうですか?酵素シクロオキシゲナーゼの産生を阻害する。すなわち、それらはイブプロフェンまたはアスピリンと同じように作用します。

便秘の軽減と予防に役立ちます

の場合 便秘イチゴは繊維を多く含んでいます。つまり、イチゴはそれを和らげることと防ぐことの両面で非常に積極的に役立ちます。さらに、腸内輸送を完全に自然な方法で改善することは有用である。

考慮すべきイチゴの他の特性

いちご 彼らは完全に糖尿病患者によって容認される糖を含んでいます、従ってこれは彼らの食事療法にそれを取り入れたいと望む糖尿病患者にとって確かに不便ではありません。

サリチル酸を含んでいるので、イチゴは解毒剤として作用し、痛風、リウマチ障害などの場合に便利なので、過剰な尿酸を持っている人には理想的です。

それはまた異なった腎臓および肝機能を改善します(また 黒大根 そして アーティチョーク)そして、それはビタミンやミネラルが豊富な果物ですので、それは最小の成長に理想的です。

いちごの栄養情報

100グラムあたりのイチゴの栄養価:

    
カロリー33キロカロリービタミンB961.57μg
炭水化物5.51 gビタミンC54 mg
タンパク質0.80gビタミンA3μg
脂肪0.40 gナトリウム1.40 mg
繊維2 gセレン1.30μg
ビタミンB10.03 mgカルシウム22 mg
ビタミンB20.05 mgカリウム161 mg
ビタミンB 30.79 mgマグネシウム13.32 mg
ビタミンB60.06 mg0.46 mg

イチゴの栽培

何世紀も前にイチゴは高い購買力を持つ家族を対象としていましたが、その栽培はヨーロッパや他の国や大陸に広がりました。スペインでは、特に、それは多くの国に輸出されている果物の最高の生産と栽培のある場所の一つです。

耕作地は通常、湿気があり寒い場所、樫や樫の木がたくさん生息する森林にあります。あなたの植物のやわらかい葉も野菜として消費することができます、そして果物は日陰でそして熱と湿気から保護された場所に保たれるべきです。

イチゴの薬用

イチゴは利尿薬と抗リウマチ薬です。大量のアスコルビン酸を含んでいるので、それらは問題なく摂取することができます。レシチンとペクチンは血中のコレステロール値を調整するのに理想的です。

言い換えると、それらは抗炎症性で収斂性があります。いちごの植物の葉は、一度粉砕すると、通常しわを避けるための完璧な治療法です。

皮のためのいちごの利点

いちごは私たちの面倒を見ています。何世紀にもわたってイチゴはマスクを作るために使用されてきましたし、若々しい肌を保つために肌に浸透する抗酸化作用を提供するために化粧品に使用されています。

化粧品におけるその用途の中で、死んだ皮膚細胞を除去するための角質除去剤としてのその機能は際立っている。。天然ストロベリー角質除去剤は、体と顔の両方のレベルに適用することをお勧めします。その結果、肌は絹のように自然になります。

肌の色合いを回復させ、顔を悪くする可能性のある特定の斑点で仕上げることもお勧めします。イチゴは天然の強壮剤としても機能し、ニキビと戦うのに実行可能です。髪には、コンディショナーと天然のストロベリーマスクが通常作られています。そして、それは髪をより柔らかくそして絹のように残し、そしてほぐしを促進します。

より詳しい情報いちごといちご/いちごの栽培この記事は情報提供のみを目的として掲載されています。あなたは相談を栄養士に代えることはできませんし、またそうすべきではありません。あなたの信頼できる栄養士に相談することをお勧めします。テーマフルーツ食品

納豆のサイズによる栄養価の違い!健康に良いのは!大粒、小粒、極小粒、ひきわり…目的別サイズの選び方!知ってよかった雑学 (2月 2020)