秋と冬のためのビタミンC:の利点は何ですか

寒さはすでに地平線に現れ始めている。暑い日差しまで元気いっぱいのサマーテラスで友達と出かけていた瞬間まで、高温が私たちに同伴していた時代は終わりました。しかし、9月のエントリーでは、できるだけ早く仕事に戻り、最終的には私たちのすべての日課に戻るしか選択肢がありません。

冬が歩き始めるためにまだ数ヶ月が残っているのは本当です。それにもかかわらず、すでにそれぞれのキャビネットからコートやスカーフを取り除いている人がたくさんいます。マドリッド、ブルゴス、ソリアなどのいくつかの都市では、今後数週間で気温が急降下する可能性があります。そしてもちろん、このような状況全体が、インフルエンザや風邪にさらされる原因になります。

ビタミンCの利点は何ですか?

このため、それは非常に重要なようです 自分の世話をし、私たちの健康が悪化しないように特定の措置を講じます。そしてそれはそれが来るところです シーンビタミンC、私たちの体のために多くの利点が含まれている栄養素 そして、我々は以下に詳述していきます。

私達の免疫組織を増強する

ビタミンCはそれを助ける天然栄養素です。 免疫システム全体を強化する それは私たちを作ることができる強力な抗ヒスタミン薬です インフルエンザや風邪をひきません。したがって、私たちはあなたが服用することをお勧めします ビタミンCの良い量 仕事に行く前にあなたの朝食のいずれかで。きっとあなたの健康はあなたに感謝するでしょう。

ビタミンCは強力な抗酸化物質です

ビタミンCのもう一つの利点はしなければならない 組織および傷の修理を使って。 これは、この栄養素が私たちの肌、臓器、静脈、動脈に最も修復効果があるからです。同様に、このビタミンは含んでいます 強力な酸化防止剤私達ができる すべての歯と歯茎を強化する.

視力障害の仕上げ

それは3歳に達する特定の人々が後に白内障などの他のより深刻な条件に変換することができます視力の問題に苦しむようになるのはごく普通のことです。この意味で、ビタミンCは視力を改善するために最も重要な役割を果たしています。

これは、それが全体の血液供給を高めるという理由で、両眼が常に正しく機能することを生み出すものです。

フリーラジカルの出現を減らす

たばこを吸ったりアルコールを飲んだりするたびに、いわゆるフリーラジカル放出が体内で発生します。これは、たばこの煙にさらされる原因となる成分です。

この意味で、ビタミンCはそれらを攻撃する強力な味方です。 有毒成分は長期的には私たちの有機体にダメージを与える可能性があります。これらすべてが後でより深刻な病気につながる可能性があります 肺がん、膵臓がん、肝臓がん。

ビタミンCはどのように摂取できますか?豊富なフルーツジュースとフルーツサラダへ

ビタミンCを摂取することの重要性に気づいたので、この成分を楽しんでいただけるように、一連のアイデアをお伝えします。 完全に自然な方法:

  • ナチュラルオレンジジュース 私はあなたについて知りませんしかし、私は個人的には絞りたての、そして追加の糖なしで、おいしいオレンジジュースで一日を始めるのが大好きです(そしてそれがパルプを使っているなら、もっと良いです)。このようにして、あなたはビタミンCのすべての恩恵から恩恵を受け、エネルギーの良いシュートで一日を始めることができます。
  • イチゴ、タンジェリン、キウイ、スイカのマケドニア。 あなたは同時に高濃度のビタミンCを含んでいるというあなたの口蓋の味の爆発が必要ですか?まあ、あなたはあなたのランチやディナーのためのデザートとしてこのフルーツサラダを準備することができます。あなたはまたその風味を高めるためにあなたの好みに少しステビアを加えることができます。

ビタミンCが豊富な果物でできたジュースを直接飲むこと、または果物自体を食べることも同様に賢明ですが、濃縮ビタミンCのカプセルと可溶性ピルがあります。

ジュースは、朝はオレンジ、みかん、グレープフルーツジュースなどがあります。しかし、はい、私たちはしないように気をつけなければなりません ビタミンC 誇張した方法で、何人かの専門家や医者はそれをやり過ぎないように、そして糖への彼らの貢献が逆効果であるかもしれないように、特に朝に、毎日1つだけジュースを飲むことを勧めますので。

それで、我々はすでにある時点であなたに言ったように、 常にジュースの代わりに果物全体を摂取することがより適切であり、賢明です。。このトピックについて詳しく知りたい場合は、次の記事を読むことをお勧めします。 ジュースの代わりに丸ごとオレンジを食べる方が良い理由。この記事は情報提供のみを目的として公開されています。あなたは相談を栄養士に代えることはできませんし、またそうすべきではありません。あなたの信頼できる栄養士に相談することをお勧めします。テーマビタミン

お肌を若々しく保つアジア式スキンケアのポイント10 (2月 2020)